2010年04月23日

全容解明で協力を継続=捜査状況、詳細に説明−ギョーザ中毒事件で日中会議・警察庁(時事通信)

 中国製ギョーザ中毒事件で、警察庁は22日、中国公安省の幹部らと情報交換会議を開いた。中国側は現地で逮捕された製造元「天洋食品」の元臨時従業員呂月庭容疑者(35)に関する捜査状況を説明し、双方が全容解明に向けた捜査協力を続けることを確認した。
 中国警察当局は、呂容疑者が単独で、日本で発生した被害3件にかかわったとみて、捜査を進めている。
 会議で中国側は、混入の動機や殺虫剤メタミドホスの入手経路、注射器による混入状況などについて詳細に説明。日本側に捜査協力を要請した。
 下水溝に捨てられていた注射器から水溶性の高いメタミドホスが検出されたことや、注射針による穴がない包装袋の中のギョーザに殺虫剤が混入した経緯についても説明。警察庁は「合理的な説明を受けた」とする一方、「詳しい内容は中国側の意向もあって明らかにできない」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕中国製冷凍ギョーザ中毒事件
「殺虫剤、池に捨てた」=拘束の元従業員供述
「危険物質投与」容疑で拘束=毒ギョーザ事件の元臨時従業員
「寝耳に水」の容疑者拘束=日中、混入場所で一時対立も
注射器2本、下水道で発見=元従業員供述の裏づけ急ぐ

「礼服に泥、レンタル代払え」 “汚れた詐欺”で男逮捕 大阪府警(産経新聞)
開かずの門、400年ぶり開く=解体修理、足利尊氏逃げ込む−京都・東寺(時事通信)
無派閥が最大派閥になるかも…自民で離脱続々(読売新聞)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
ゼンセン同盟 外国人参政権付与反対へ 政府・民主の強行牽制(産経新聞)
posted by シラカワ ミツオ at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。